住まいの防音対策とは

「だんだんと、世知辛い社会になってきましたね」というセリフを
毎年聞くように思います。
現代社会は、年々住みにくくなってきているのでしょうか。
その反面、「いつの時代も、人の社会とは住みにくい。
常に問題はある」との意見もあり、
完璧にバラ色という時代はフィクションで、ある程度の住みにくさという問題は、
人の作り出した社会・世間においては、完璧に解決されない事案のようですね。
しかしながら、あらゆるトラブルを放置しておいて良いということではないでしょう。
例えば、隣人トラブルが火種となり、事件や民事紛争になってしまう例というものの
テレビなどで紹介されています。
隣人トラブルと言っても、個別の内容は様々だと推測されます。
ただし、いわゆる深刻な事件に発展した例においては、「騒音」というものが
絡んでいる事例が少なくない印象があります。
人間の五感の中でも、聴覚は脳や神経への働きかけが強いとも言われており、
他人の騒音が、非常に不快に感じることは、ごく自然なこととも思います。
時代によって、住まいの防音対策にも、気を配る必要性が生まれてきました。