カーペットの有効な補修方法

現在では新たな住宅として、一戸建て住宅からアパート、マンションまで、室内の床面にはフローリングが敷かれています。フローリングの利点は掃除が行いやすいことと、液体状のものをこぼしてしまっても、容易に掃除ができることなどが挙げられ、常に清潔に生活を送ることができます。その一方で、カーペットの利点は、フローリングと異なり、クッション性に優れているので、小さなお子さんのいる家庭などにも向いており、また、寒い地方などでは冬期間には冷たさを感じることなく、快適に生活を送ることができます。フローリングの室内の場合でも、ラグマットなどを敷いている家庭が多いために、カーペットの存在は無くてはならないものとなっています。元々の室内がカーペット敷きの場合では、時としてカーペットに傷みが生じることがあります。例えば喫煙をされる方ならば、たばこの火を落として焦がしてしまったり、お香や線香なども同様に、一部分を焼いてしまうこともあります。この場合の有効的な補修方法では、見えない部分のカーペットをカッターなどで切り取ることから始めます。見えない部分とは例えば箪笥の裏側やテレビ台の裏側などが適しています。次に焼けた部分をカッターでくり抜きます。その後は事前に切り取ったカーペットの形状を合わせて、該当部分に接着剤で貼り合わせます。柄などにも影響しますが、大抵の場合で目立たなくなり、補修を完了させることができます。